法人向けの英会話学校 BEAT
トップ 会社概要 個人ユーザ用HP サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOMの入会と退会
PowerGram
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから
英会話講師募集
中国語教室はこちら
中国人講師募集
links
TOEIC® オンラインコース
会社案内
有限会社 ビート米会話 代表取締役 小原 伸一

「天が私に与えた役割がある」とするなら、「英語を母国語としない
全ての人類の為に、地球共通語である米語によるコミュニケーション
ができる人材育成に貢献できる仕事をする」 ことだと考えています。

 1985年創立、法人企業、大学(学校法人)、幼児向け語学学校。
中国語・韓国語・ポーランド語・タイ語・スペイン語・インドネシア語・
日本語・他のレッスン及び、通訳・翻訳業務は(旧子会社:株式会社
ブリッツが
)対応。
Shin-Ichi Obara, CEO of BEAT Inc. (American English School)

自己紹介
履歴

1949年

12月生まれ。 宮崎県 宮崎市出身 射手座 六白金星 

1962年

宮崎市立赤江小学校 卒業

1962年

宮崎市、日向(ひゅうが)学院中学校 入学

1962年

1962年9月に長崎市立桜馬場中学校へ 転校

1968年

長崎県立長崎東高等学校 卒業

1972年

西南学院大学(福岡市)商学部商学科 卒業

1973年

D.A.大学(カリフォルニア州)教養課程

1975年

S.大学(カリフォルニア州)言語学部

1978年

食品輸入商社(カリフォルニア州)入社

1980年

3ヵ月半(2月14日 〜6月5日)の世界一周旅行 北米、ヨーロッパ、
アフリカ、中東、東南アジアなど(50ヶ国以上を訪問) 同年6月、
日本に帰国

1981年 〜
1984年

縫製機器貿易商社(名古屋市)入社。 貿易[ 輸出(2年)、輸入(3年)] 業務に携わり北米、ヨーロッパ圏、及び東南アジアを営業活動で駆け回る

2015年

海外の訪問国、75ヶ国達成。75番目は、フィリピンのセブ島。
帰国後も海外旅行は欠かさない。

趣味

■ゴルフ以外のやりたいスポーツは挑戦済み。真剣に取り組み始めたのはテニスが最初。当時は、ラケットも木製の時代。2004年から、乗馬を夫婦で開始。その後、毎年挑戦している。■占い好きは生徒様の間では有名。特に中国の四柱推命、西洋星占い(ホロスコープ)、血液型占い、六星占術、バイオリズム他。顔相、手相にも興味あり。総合的に研究中。独自の路線を歩みつつある。一度興味を持ったら、極めるまで途中で投げ出すことはしない。何でも共通の法則性を見出すのが楽しみ。

海:

スキューバ歴(1990年から)。 水上スキー。 2003年からハワイでサーフィンを開始。
ヨットセーリングに誘われるのが楽しみ。2004年は、ウィンドサーフィングに初トライした。

山:

スノー スキー歴20年、マウンテンバイキング(1990年から)、スノーボード歴(1998年から)。

川:

渓流釣り8年、鮎の友釣り3年、カヌー。

空:

パラグライダー(今もっともやりたいスポーツであるが、危険度が高く父親から反対されて自粛中。ある日「君子危うきに近寄らず」という警告を受けた。)

近況

■夏は、スキューバとサーフィン。冬はスノボをやるのが一番の楽しみ。岐阜、長野
エリアによく行く。「高鷲スノーパーク」がスノボのホームゲレンデ。

■熱帯魚を30年以上飼っている。カラシン(グロー)系、グッピー系の二つのタンク。
水草生育が得意(自称生産者、業者に買い取ってもらうこともある)。

■旅行も趣味の一つで、特に典型的ハワイフリークで、ハワイへは家族で毎年訪れる。
海外の訪問国は75(2015年現在)。

■好きな言葉:「昨是今不是」。 ■TPSのプロで改善指導をする老練幹部に、ムダを徹底的に省く
やり方を好む御社の考えは、ある意味TPS(トヨタ生産方式)と酷似していると言われたことがあり、その後それを目標にしている。
 
■姓名判断:小原伸一、総運21画 大吉。組織のリーダーとなる大吉数。自力で高い地位を勝ちとる。
●姓名判断による性格や人柄:性格】占いによると、ひとつの事を追及し続ける真っ向勝負な性格で、「まじめで情熱家で、意志が強く不正を嫌う。努力家で信念が強く、心は純粋です」。 「根性・努力は人一倍優秀。協調精神を生かし、組織力を結束する役職で才能を発揮するでしょう。
未来を予測する霊感的な能力も特徴です」とあるが、当たっていると思う。
  <2016年4月現在>

企業理念

まず「日本人の英会話能力」を「国際競争力のレベル」に導くためのお手伝いをする。
そして、その開発において永久的に企業努力を怠らない。 提供する「習得ノウハウと
学習ツールの品質、およびその精度」において業界のオンリーワン、No.1をめざす。

スクールカラー
BEAT

「インディゴブルー」とは、元来アメリカ西部開拓時代に「金鉱」目当てにカリフォルニアへ移住してきた労働者用に開発されたジーンズの「染色用に使われた顔料」の色です。アメリカ合衆国の国旗である「星条旗」の色の「青」でもあります。
私たちビート米会話が「英語」ではなく、「米語(北米語)」にこだわる理由は、世界の「ユニバーサルランゲージ」は、「英語」ではなく「米語」だからです。 TOEIC テストもイギリスの検定試験ではなく、「米語」中心の理解度テストです。そして、幸いに日本人が学校で学ぶ英語も、たまたま「米語」です。 従って、ビート米会話では、この言語に執着し、その効率的な「習得法と攻略法」を追及する独自の路線を突き進みます。

ビートの名前の由来

BEAT is defined in the dictionary as:

[bi:t] v. #1: to hit repeatedly  #2: to move regularly
     #3: to do better than.

It is by no accident that our name is BEAT.

The definition of BEAT is what one has to do in order to
learn anything.

Only by great enthusiasm and hard work that one can achieve
success in English.

BEAT is an acronym for Basic Expressions American Touch.
It is a special method in learning English.
It is a method developed through our experience.

We at BEAT are quite confident in our approach.
We are sure you won't be disappointed.

事業内容

有限会社 ビート米会話  名古屋市中区平和 1-15-25 Imai Dia Bldg. 1階

1:

英会話教室の経営と、通訳翻訳業務 ( この業務は、「ビート米会話」の子会社:「株式会社ブリッツ」が担当業務を引き継ぐ) 。

2:

企業の英会話研修のための「講師派遣」、新入社員研修会の企画、運営。

3:

「英会話教材、書籍、CD、DVD」の販売。

4:

インターネットによる「英会話のレッスン」:無料登録メルマガ(BOM)その他。

社歴

1985年

1月9日、名古屋市中区に「TOEIC 教育」を視野に入れた「ビート米会話」学校設立。初年度より「株式会社豊田中央研究所」のシンポジウム、学会発表の英文原稿作成および、発表者の個人レッスン開始。

1987年

中部圏内の中小企業を対象に、企業派遣で英会話(日常会話・ビジネスレベル)を指導開始。

1988年

同年7月、「FedEx」 社、フェデックス コーポレーション(本社:米テネシー州メンフィス、会長、社長兼CEO:フレデリック W. スミス)が日本上陸時、ハワイ、ホノルルにて通訳、買収契約書の作成に加わる。

1995年

I T 管理の充実に伴い、中部圏内の従業員2000名以上の大企業を対象に「講師の企業派遣」で英会話(TOEIC)攻略法を本格的に指導開始。

1997年

「PowerGram」初版: 3月から販売開始。

1997年

10月から翌年4月までインターネットレッスン開設、Lesson 1 からLesson 34(動画、音声付き)で無料配信開始。受講者側インフラ不備の重量負担過多を理由に中途断念。時期尚早であった。

1999年 1月

インターネット元年に法人化。「有限会社 ビート米会話」設立。

1999年 6月

「個人ユーザー向け」ホームページ開始: http://www.beat.ne.jp
正式立ち上げ(平成11年11月11日11時11分)と同時に、インフラの改善に伴い、無料メルマガ:BEAT OnLine Magic (通称:BOM)の配信開始。

2001年 11月

BOM Lesson 70 を終えた時点で一旦終了とする。

2001年 12月

「BOM」BOM Lesson 1 〜 72 の改訂版を配信開始。
音声データにネイティブ音声も添付配信開始。

2003年 2月

BOM を自社サーバ(mail サーバ、Web サーバ) 経由にて配信開始。
音声データにネイティブの音声で配信開始。

2003年 12月

英語以外の外国語及び関連業務に対応するため、「株式会社 ブリッツ」設立。
「英語、中国語、韓国語」を主とした本格的、翻訳+通訳業務開始。

2004年 8月

「PowerGram」カラー印刷版」 販売開始。

2005年 7月

ビート米会話、「法人向け」ホームページ開設。

2006年 1月

「PowerGram」カラー改訂版」 18版増刷につき値下げ(@2500円)。次回改訂版印刷は2008年を発表。

2007年 2月

立命館大学 立命館大学(BKC)にてTOEIC 講義を開始。

2008年 5月

「PowerGram」カラー改訂版」 19版を発表。次回改訂版は2013年を発表。

2010年 4月

有限会社ビート米会話 親会社、有限会社ビート米会話と子会社、株式会社ブリッツを併合。

2010年 4月

名古屋外国語大学 名古屋外国語大学にてTOEIC及びTOEFL 講義を開始。

2011年 4月

名古屋商科大学 名古屋商科大学にてTOEIC 講義を開始。

2012年 4月

BEAT Kids Club (B.K.C.) 、BEAT Kids Club 立ち上げ。

2013年 6月

「PowerGram」カラー改訂版」 20版を発表。次回改訂版は2018年を予定。

2015年 8月

名古屋学院大学 名古屋学院大学にてTOEFL 講義を開始。

2016年 2月

立命館大学 立命館大学(京都衣笠、OIC:大阪茨木)にて、IELTS 講義を開始。

2016年 5月

名城大学 名城大学にてTOEIC 講義を開始。

2016年 8月

外国人の為の日本語コースを増設 日本語講座を本格的に開始。


to do what you most want to do and what will make you happy
「自分の一番やりたい事で、自分をハッピーにしてくれることをやること」
Just follow your heart !!! の定義:LONGMAN American Dictionary

Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.